冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫を運ぶ1番簡単で安い方法

冷蔵庫 運ぶ 送料

冷蔵庫 運ぶ 費用

冷蔵庫 運ぶ 価格

冷蔵庫 運ぶ 料金

 

冷蔵庫を運びたい。
でも、自分では無理だ。どうしよう・・・。

 

方法はいくつかあります。

 

@レンタカーを借りて何とか自分で運ぶ。
A宅配業者に依頼する。
B便利屋に依頼する。
C引越し業者に依頼する。

 

レンタカーは1番安上がりではありますが、100s近い冷蔵庫を素人が運び出すのは危険ですし、手伝ってくれる人も必要です。

 

宅配業者や便利屋は競争が少ないために費用が高めです。
1番オススメなのは、引越し業者一括見積もりで、競争してもらうことです。

 

冷蔵庫運ぶ

 

同じ条件で冷蔵庫を運んでくれる1番安い業者を探すのにはピッタリです。
引越し業者は冷蔵庫などの大きな家電だけを運ぶサービスもしています。

 

引越し業者一括見積もりを賢く活用して、お得にしましょう。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しには繁忙期と通常期がある

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期と通常期があり、繁忙期は通常期よりも費用が高めに設定されています。
引越し費用は1年中、いつでも同じではないのです。

 

なぜなら繁忙期である3月は、4月からの新学期に備えて新大学生や新社会人が一斉に移動するからです。
さらに日本では春と秋の2回人事異動があるので、春の人事異動で転勤になったサラリーマンの引越しも3月になります。
これに通常の引越しの方が加わるので、3月の引越し業者はどこも大忙しなのです。

 

もし避けられるなら3月の引越しは避けましょう。

 

それでも3月にしか引越し出来ない方は、早めに新居を決めて一括見積もりをして業者をおさえてしまいましょう。

 

見積もりを取っただけで満足してはいけません。
条件の良い引越し業者からどんどん予約が入ります。

 

出遅れると引越し業者が見つからないなんてことが本当にあり得る時期なのです。

 

 

引越し業者とオプション

 

冷蔵庫 運ぶ オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計です。
ではこの「オプション」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越しのオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの内容は引越し業者によって異なりますが、代表的なものはこんな感じです。

 

エアコンはコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているため素人では外すことができません。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

もちろん自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置する事も出来ますが、すごく面倒ですね。
引越し業者のオプションでエアコン移設を依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんが、例えば東京から九州まで1人で運転しなければならない場合もあります。
運転が得意で、時間に余裕があって、体力にも自信がないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

 

レンタカーで運ぶ方法

 

レンタカー 運搬

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶことは出来ないか考えたことはありませんか?
レンタカーのレンタル料は1日7000円〜ですから、業者に依頼するよりは安く済むかもしれません。

 

しかし一人では難しいです。
冷蔵庫は大きいものですと60〜100kgとかなりの重さがあります。
それを1人で運んでトラックに積み込むのは難しいです。
冷蔵庫はあまり長時間横倒しにして運ばない方がいいです。
高価な家電ですから、こんなことで壊れたら辛いですね。

 

冷蔵庫を運んでくれる人がいて、近所への運送であればレンタカーで運ぶのもいいと思います。

 

運ぶ際は冷蔵庫の下に毛布などをすべり込ませて運ぶのがオススメです。
段差があると無理なので、その時は少し斜めにして運びましょう。

 

 

引越しの手順を知っておきましょう

 

引越し 手順

 

引越しには当日まですることがいくつもあります。
おおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくとてもスムーズですから、ぜひ一度おおまかな流れを確認してくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず引越し業者を決めたいところですが、実は先に新居が決まらないと引越し業者に正確な費用を見積もってもらうことができません。
なぜなら新居の駐車場の場所、エレベーターの有無なども費用に関係しますので、当日追加料金がかかるというトラブルを避けるためです。
見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

そして引越しのついでに、不用品は引越し前に処分してください。
新居に引越ししてからゆっくりと分別したい気もわかりますが、それだと不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されてしまいます。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分して、荷物を少なくしてくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は「転出届」です。転出届引越し日の2週間前から提出できます。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくといいと思います。

 

今使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるようにして費用は日割りで計算してもらうことができます。
会社によって手続きが異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業がありますので、日にちを決めておいてくださいね。

 

郵便物が届かないと困りますので、「転送届」を提出しましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」とハガキやメールなどで連絡してくださいね。

 

引越し当日は家具をどこに置くのかなど指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくと引越し屋さんも便利で助かると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら「転居届」を、市外引越しでは「転入届」を提出しましょう。
これらは引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、各種の保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしておきましょう。

 

 

引越しのネット見積もりと訪問見積もり

 

引越し 訪問見積もり ネット見積もり

 

引越しを引越し業者に依頼する際は、まず見積もりが必要です。
見積もりを取る方法は今やパソコンやスマホからの一括見積もりが主流ですが、依然は訪問見積もりが当たり前でした。

 

しかし、自宅まで営業マンに来てもらう訪問見積もりはちょっと面倒で敷居が高いですね。

 

それでも訪問見積もりは一度実際に来て荷物や物件を見てもらっている分、引越し当日のトラブルが少ないのでオススメです。

 

実際、引越しをされる方の約7割は訪問見積もりをされると言われています。
荷物が多い方や大きな家具家電がある方、物件の廊下や玄関、階段が狭くて引越し作業が大変なのが想像できる方は訪問見積もりを予定しておくと安心です。

 

訪問見積もりの場合も、複数の業者に来てもらうことで競争がうまれ費用が安くなるのは同じです。

 

実際に引越し会社の方に来てもらうことでその会社の雰囲気なども感じられます。
無理矢理契約させようとしたり、他社の悪口を言う会社は印象が悪いですから選択肢から排除してもかまいません。

 

それでもダンボールを置いて行こうとする業者もあります。
使わなければそのまま返却することも出来ますので、気にしない大丈夫です。

 

あなたが一番良かったなと思う業者を選んでくださいね。