冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫を運ぶ1番簡単で安い方法

冷蔵庫 運ぶ 送料

冷蔵庫 運ぶ 費用

冷蔵庫 運ぶ 価格

冷蔵庫 運ぶ 料金

 

冷蔵庫を運びたい。
でも、自分では無理だ。どうしよう・・・。

 

方法はいくつかあります。

 

@レンタカーを借りて何とか自分で運ぶ。
A宅配業者に依頼する。
B便利屋に依頼する。
C引越し業者に依頼する。

 

レンタカーは1番安上がりではありますが、100s近い冷蔵庫を素人が運び出すのは危険ですし、手伝ってくれる人も必要です。

 

宅配業者や便利屋は競争が少ないために費用が高めです。
1番オススメなのは、引越し業者一括見積もりで、競争してもらうことです。

 

冷蔵庫運ぶ

 

同じ条件で冷蔵庫を運んでくれる1番安い業者を探すのにはピッタリです。
引越し業者は冷蔵庫などの大きな家電だけを運ぶサービスもしています。

 

引越し業者一括見積もりを賢く活用して、お得にしましょう。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しには繁忙期と通常期がある

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期と通常期があり、繁忙期は通常期よりも費用が高めに設定されています。
引越し費用は1年中、いつでも同じではないのです。

 

なぜなら繁忙期である3月は、4月からの新学期に備えて新大学生や新社会人が一斉に移動するからです。
さらに日本では春と秋の2回人事異動があるので、春の人事異動で転勤になったサラリーマンの引越しも3月になります。
これに通常の引越しの方が加わるので、3月の引越し業者はどこも大忙しなのです。

 

もし避けられるなら3月の引越しは避けましょう。

 

それでも3月にしか引越し出来ない方は、早めに新居を決めて一括見積もりをして業者をおさえてしまいましょう。

 

見積もりを取っただけで満足してはいけません。
条件の良い引越し業者からどんどん予約が入ります。

 

出遅れると引越し業者が見つからないなんてことが本当にあり得る時期なのです。

 

 

引越し業者とオプション

 

冷蔵庫 運ぶ オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計です。
ではこの「オプション」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越しのオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの内容は引越し業者によって異なりますが、代表的なものはこんな感じです。

 

エアコンはコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているため素人では外すことができません。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

もちろん自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置する事も出来ますが、すごく面倒ですね。
引越し業者のオプションでエアコン移設を依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんが、例えば東京から九州まで1人で運転しなければならない場合もあります。
運転が得意で、時間に余裕があって、体力にも自信がないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。